日華斎場(多磨葬祭場)(にっかさいじょう)は東京都の府中市、小金井市、調布市、三鷹市、武蔵野市、西東京市、小平市、国分寺市、国立市でご利用しやすい葬儀場です

日華斎場(多磨葬祭場)TOP ≫ 助葬

葬儀の様式 助葬

助葬について

助葬(じょそう)とは、身寄りのない生計困難者や身元不明の人などが死亡した後、生前の縁者や関係者によって葬儀が行われず、替わって社会福祉事業や慈善事業団体またはNPO法人などによって行われる形態の葬儀。ホームレスなどで生活保護などの支援を受けていなかった死者であったとしても、助葬を担う団体や葬儀屋には火葬から納骨までの費用を生活保護行政の一つとして各自治体が決めた定額内で支給され共同墓地や共同納骨堂に遺骨は納められるがこの段階までを助葬と呼んでいる。一方、遺骨を納骨堂に預け引き取り人を待つ場合も少なからずある。 
古くは1919年(大正8年)11月に東京で「財団法人助葬会」が設立されている。また19世紀中頃には大陸地域から香港、上海や外国へ移住した華僑や労働者などは同郷の中国人社会で互助活動として助葬が行われていた。

(2009年4月12日 (日) 05:56 UTC)「ウィキペディア日本語版」より

ご葬儀緊急ダイヤル:0120-948-812